安全性・快適性・省エネ性・デザイン性に優れた東和の住まい

安心・安全設計

木造軸組工法


木造軸組工法は、柱と梁で構成される架構の建築方式です。柱は上部の構造体を支え、梁は水平材として屋根や床などの重量を柱に伝える合理的な工法です。 そのうえ、高温多湿の我が国の気候風土に最適です。工事は屋根を先に架け、その後、床や壁の工事を行うよう配慮されており、このようなノウハウが随所に活かされています。 柱と梁で組む構造の為、開口幅が大きく取れ易く将来の増改築が比較的安易にできるメリットがあります。

木造軸組工法

  こちらをクリックすると日本木造住宅産業協会のホームページにジャンプします。

2×4工法

2×4工法は、床・壁・天井が、はじめから”面”としてつくられ、その面で6面体をつくるように家をカタチづくります。家全体が一体構造となる為、地震や台風などの外力を面全体で受け止めることができ、抜群の強さを発揮します。 さらに気密性や断熱性、耐火性にも優れています。

 こちらをクリックすると日本ツーバイフォー建築協会のホームページにジャンプします。

木造2×4工法とは

ベタ基礎  家の重さを”面”で支える構造

床前面に鉄筋を配し、生コンで一体盤を造成し、その上に鉄筋基礎を造るベタ基礎は、建物の重さを面全体で支える為、荷重を分散させる効果があります。軟弱な地盤の敷地でも、優れた耐震性を持った住まいが建築可能です。

1:耐震性 基礎が一体の鉄筋コンクリート耐圧板になっているので、地震がきても全体で荷重を受ける構造になっています。パネル工法を併用すれば、より一層耐震性が向上します。
2:不等沈下の抑制 基礎が一体であるため、上からの荷重を平均に地面に伝え、部分的な沈下を抑えます。また、地盤が下がっても平均に沈降するので、建具や床の狂いも抑制できます。
3:防蟻効果 基礎が一体である為、地面から直接シロアリが侵入するのを防ぐことができます。また、防蟻用に土壌に薬品を散布する必要がない為、環境にも優しいです。

ベタ基礎とは

地盤調査・地盤改良工事

地盤調査はスウェーデン式サウディング試験にて行います。 調査の結果が軟弱地盤と診断された場合は、建設する住宅が沈下しないように基礎の下の地盤補強をする地盤改良を行います。